3月 29

2010年に入ったあとから、賃貸業務量が増えている。
賃貸物件の数やテナント数が増えている。
とくに、春節(旧正月)前後で、各仲介企業のあいだで、賃貸取引量が急増している模様だ。

この背景には、まず、2009年末に発表された税制の変更やローン規制などにより、売買市場が冷え込みはじめていることがありそうだ。
また、上海に職を求めてやってくる人びとからの需要増も要因としてあげられるだろう。

なお、外国人向けの市場は、日本人に関しては、これからがヤマ場を迎える。

このページをプリントアウトする このページをプリントアウトする


Copyright(C) BETTER HOUSE Property Consultants (Shanghai) Limited All Rights Reserved.
@上海賃貸マンションベターハウス上海情報サイト

preload preload preload