4月 22

国務院が発表した住宅価格抑制政策にともない、上海では、中国工商銀行や中国銀行、農業銀行など、銀行が次々に住宅ローンの政策を調整を開始した模様だ。

住宅ローンを申請する人に対し、「2件目の頭金を総額50%以上、ローン金利が貸出基準金利の1.1倍以上」という規制を適用。
3件目以降の住宅ローンに関しては、各銀行が審査をストップさせる模様だ。

また、Standard Chartered銀行をはじめ、外資銀行においても、住宅ローンの貸出を厳格化している。

このページをプリントアウトする このページをプリントアウトする


Copyright(C) BETTER HOUSE Property Consultants (Shanghai) Limited All Rights Reserved.
@上海賃貸マンションベターハウス上海情報サイト

preload preload preload